Conodata
グッときたアイテムをお知らせするBlog
2017
02
July.
しっかり香る!KALDIのパクチー風味のあれこれ
今日のアイテム

KALDI(カルディ)のパクチー商品

    ハウス・キッチン食べ物

必要無いんだけど調味料とかつい買ってしまいがち~という「あるある」でお馴染みのKALDI(カルディ)で、これまた普段あまり食べる機会の少ないパクチー食品があったので、つい買ってしまった。これがなかなかに美味しかったのでレビューします。

あなたはパクチーが好きですか?

 

 

最近、ちょくちょく見かけるパクチー風味の商品。

ボクは愛のパクチー振興会メンバーではないが、反パクチー過激派組織にも入っていない。もちろん両方そんな組織などない。
パクチーをどのくらい好きかというと、本来ならパクチーが効いてるはずの料理を日本人向けにかなり抑えて出す店もあるが、ボクはそういうお店には二度と行かないという程度には好き。要するに「まぁまぁ好き」というくらい。

たしかにあのドクダミ草のような香りは好き嫌いが分かれるのも納得できる。特にカメムシなんかによく例えられるが、ボクもカメムシの匂いは苦手だ。でもパクチーは好き。

そんなパクチー味がお手軽になったのはホント嬉しい。ありがとうKALDI。

では、かかって来いカメムシどもよ。

 

 

パクチー味の麺類とチップス食べてみた

 

パクチー味のラーメン

 

 

まずはラーメンから。

粉末スープ・乾燥パクチー・香味油が入っている。

 

 

乾燥パクチーは見た目がお茶の葉みたいな感じで、この段階では「あの匂い」もほとんどしない。

ちょっと詰まんで食べてみたら、意外にも本当にお茶っぱみたいな味がする。香ばしくて美味しい。
そのお茶っぱを噛んでるうちに向こうの方からゆっくりとパクチーが「ボクやでパクチーやで、ここにいてるでぇ~」と関西弁で手を振りながらやってくる。

でもホント爽やかな味、これと塩でご飯にかけたいくらいだ。茶筒いっぱいに欲しい。

 

調理

 

 

袋に書いてある調理法が

以下の調理法でお召し上がりください
・袋入りインスタントラーメンっぽく鍋で茹でる
・すべての薬味を入れてお湯をかける
・すべての薬味を入れ、水を入れてレンジで3分半

と、何故か3択だったのでなんとなく3番目を選択。恐らくどれを選んでも違いは無いと思ってる。

そして3分半待って

 

 

完成。

当たり前だが普通のインスタントラーメン、そこにしっかりパクチーの香りがするという感じ。普通においしそう。

 

実食

 

 

ラーメンとしてはかなりあっさりしたもの。

肝心のパクチーも効いてはいるがキツくない(…と思うのだが)、苦手な人は無理だとしても「あんまり好きでもないかな」くらいの人ならイケるんじゃないかな。
特に香味油が「ボクやでぇ!」と一番元気よく手を上げてたので、香味油を入れなければかなりターゲットは広くなる。あ、でもこのアイテムは広い層ではなく狭い層がターゲットか。

パクチーも効いてて美味しいけど、全体的にアッサリし過ぎて思ったよりパンチは弱い。スープ代わりにいいかも。どうでもいいが「パクチー」と「パンチ」が紛らわしいな。

 

続いて焼きそば

 

 

個人的にはパクチーで焼きそばというコンセプトは好き。こっちの方が期待は高い。

さっそく開封…すると、

 

 

粉末スープ・乾燥パクチー・香味油 …

ラーメンと完全に同じ薬味…だと…?

麺だけはラーメンより太いものの…内容はさっきと全く同じじゃないか?これはひょっとして「混ぜそば」…というかただの「汁無しラーメン」か…?
疑問の深まる中、恐る恐る調理をしてみる。

 

調理

 

調理法は

1.麺をお湯で茹でる
2.お湯を切る
3.薬味と混ぜる

という、おそらく世界中の誰が作っても個性の出しようのない安定と安心の調理ステップ。

もちろん速攻で完成。

 

香りは、さっきのあっさりラーメンよりも食欲をそそるインスタント塩焼きそばみたいな濃い匂い。そこにフワっとパクチー。

 

実食

 

 

うまい。

というか、ラーメンとは違う味になってる。甘辛だ。
太い麺のモチモチ感もあり、この甘辛さも含め、全体的にパクチーとの相性もいい。なんか薬味が完全に同じとか汁無しラーメンとか、色々と疑ってすみませんでした。ほんとうにうまいです。

 

もちろん好みが分かれるのは前提として、ボクは断然焼きそばを推す。

 

ポテトチップス

 

 

さらにポテトチップス。

 

 

パクチーという点についてだけ言うなら、コレが一番強いように思う。もちろんポテチとしても薄さや硬さが標準的で美味しい。

 

でも本音を言うと、もうパクチー味ばっかりで飽きてきたよ…。

 

 

おすすめの食べ方

 

ライムを足す

 

 

ラーメン、焼きそばともにライムをちょっと垂らす。コレもKALDI(カルディ)で販売していた。
あまり入れ過ぎるとやたらと酸っぱいので5~6滴、小さじ1/2~杯程度かな。レモンを軽く絞っても全然OK。

酸味が入ることで少し奥行きも出るし、柑橘の香りでパクチーもいい感じに引き立つように思う。これは正解だった。

 

 

辛くする

 

 

さらにこういった辛い香辛料をほんの少し入れるとイッキに戦闘力が1500くらいアップ。
特にラーメンはライムとコレを少し多めに入れたら、いっきにエスニック感が出た。

結局、行き着くところはトムヤムクンなのかな…が、今のところの結論。

 

 

ポテチにはレモンシュガー

 

 

パクチーと酸味の相性がバツグンなのが分かったので、ポテチの袋にレモンシュガーのスティック1/2くらい入れてシャカシャカやってみた。
すると、これがかなりイケた。

ちょい足しちょい足しした結果スティック3/4くらいは入れたんじゃないだろうか?

甘いポテチが苦手な人はレモンパウダーとかでもいいのかな?ボクはこの甘酸っぱいパクチーのポテチがバッチリだった。

 

 

まとめ

 

  • お手軽にパクチー料理が楽しめるのでアリ
  • どのアイテムも充分美味しくて楽しめる
  • パクチーが少し苦手なくらいの人はチャレンジしても良いかもしれない
  • 酸味と辛さを足すとさらにいい感じ、アレンジが楽しそう
  • 夏場のビールとかすごく進みそう

 

次はココナッツオイル足したり、クミンなんかのスパイスも加えてもっとエスニック感を強くしてみたい。あと他にも気になる商品がいっぱいあったので色々と試してみたいと思います。KALDI最高。