Conodata
グッときたアイテムをお知らせするBlog
2017
28
October.
KALDIのエスニックなインスタント焼きそば食べてみた
今日のアイテム

KALDI(カルディ)で売っていたインスタント麺

    ハウス・キッチン食べ物

最近よく見るようになったアジアのインスタント麺、いつも「どんな味なんだろう?」と興味を持ちつつなかなか購入に至らなかったけど、今回は思い切ってきになる商品をまとめて試食してみました。

エスニックな焼きそばやミーゴレンなどを食べ比べ

 

 

時おりKALDIに行っては「こっちも気になる…こっちも…」と結局何個も買ってしまうのだけど、その時の食べ比べがとても楽しい。
ちなみに前回はパクチーの商品でした。

そのときの記事はこちら

しっかり香る!KALDIのパクチー風味のあれこれ

そして今回はエスニックな焼きそば。

 

 

さっそく食べてみた

 

まずは「ミーゴレン」から。

ちなみにミーゴレンって何よ?と思い調べる。
今までなんとなく「東南アジアの焼きそば」「ナシゴレンのそば版」くらいに思ってたけど。

ミーゴレン
ミーは「」、ゴレンは「揚げる」の意味。調味料ケチャップマニスを使用するので日本のソース焼きそばに近い外見になる。ケチャップマニス(マニスは「甘い」の意味)を使うため甘口ではあるが、ニンニクトウガラシ魚醤などを使用するので日本人にとっては「スパイシーなエスニック風焼きそば」と受け止められている。シンガポールではシンガポール風と称してトマトケチャップで味付けする赤っぽいミーゴレンも存在する。

引用元:Wikipediaより抜粋

 

とのこと、
あれ?今までどおりの認識でいい…のかな。

 

まずは普通のミーゴレン

 

 

パッケージの写真がすごく美味しそう。

調味料はソース・香味油?・粉末スパイス・唐辛子…みたいな感じ。

 

 

完成。

香りはミーゴレン…
というより、ボク自身そもそも「コレ」といったミーゴレンの香りが分かってない為、「…食欲をそそる美味そうな匂い」という何ともボクらしいバカな感想しか出てこない。

 

 

いざ実食。

なんかもう、普通に美味しい
甘辛ソースで後から少しピリ辛、エスニックなスパイシー感はそこそこ…どちらかというと弱めかな。思ってたより後のピリ辛がじわじわと来るので結果としてパンチもあるざます。ビール欲しいざます。

「もういいじゃん、昼間だけどビール飲んじゃえよ…」と、どこからともなく死んだばあちゃんの声がするのですが…と妻に相談したが「ありもしない霊感をそんな都合の良いウソに利用するとバチあたるぞ」とグウの音も出ない正論が返ってきた。

しょうがないので次。

 

 

ちょっと期待の激辛ミーゴレン

 

 

調味料はさっきの香味油みたいのが辛そうに赤くなっとる。

それに乾燥した薬味もついて少しお得感がプラス、とはいえさっきのでも結構辛かったけどなぁ…と、期待と不安が入り混じる。

 

 

見た目はさっきより少し赤い程度、匂いもやはりさっきより少し辛そう。
味は同じで乾燥薬味は大きく影響ない気がする、そして肝心の辛さはかなりホットホット藤井隆レベル。5段階で4ってとこかな?もう少し辛くても耐えれるのかも知れないけど充分辛いわもうやめてって感じ。

ちなみにボクの辛さ耐性は普通くらいだと思う。某カレーチェーン店の3~5辛(10段階中)が「ちょうど辛い」。

そしてこれもビールが欲しい。さっきからばあちゃんの声が聞こえてしょうがない…。

 

 

意外な伏兵バジル焼きそば

 

 

袋に記載されてる日本語表記の品名が

「ヤムヤムパッキーマオヌードル(バジル焼きそば)」とあり前半の単語は何も想像ができない、それなりにバジル風味でヤムヤムな味かと思ってたら…

 

 

めっっちゃ辛ぇじゃねえか。なんだこれ。

 

薄っすら緑がかって地球にやさしそうな色あいだけど、口の中には全然やさしくないよ、いてえよ。口に入れた瞬間「いててて」ってなるわ。

そしてバジルの香り…?なんかハーブ系というか薬草みたいな香りしてそれはそれで良いんだけど…
…これほんとにバジル焼きそばなのかな?パッケージのタイ語みたいなの読めないから分からんが、なんか違うフレーバーの青唐辛子焼きそばって言ったほうが納得いくかな。

あ、でも結果としてパンチ効いてて美味しかったんですどね、むしろ一番辛くてエスニカンだったのでまた買いそう。でも「バジル焼きそば」を期待すると肩透かし食らいます。

あと、辛いのでビール…

 

 

ラストはシンガポール風焼きそば

 

 

パッケージに横文字でスパイシーとあるけど。これも油断するとパンチ食らうヤツかな?

 

 

…と思ったら全然辛くない。むしろ甘くて美味しい。

先述の
シンガポールではシンガポール風と称してトマトケチャップで味付けする赤っぽいミーゴレンも存在する。
とあったけどまさにコレかもしれない。

そしてコレがもっとも日本人向きのテイストだと思う。一般的にはコレが一番おすすめ

 

まとめ:やはり柑橘系は相変わらず合う

 

前回のパクチーでもそうだったけど、レモンやライムを軽く絞るとどの焼きそばもいい感じになりました。

ちょっと気合入れるなら、ナンプラーまたはニョクマムを1滴垂らしてから炒め直して仕上げに粉末のオールスパイス、そして食べる直前に柑橘系。すると学生の頃に、タイの屋台で食べた焼きそばを思い出します。

とくにノーマルのミーゴレンはめっちゃボク好みでしたね。激辛でもいい感じでした。

謎の刺激を求める方はヤムヤムパッキーヌードル。
万人受けする甘辛焼きそばが好きなかたはシンガポール風がおすすめです。

そして皆さんも色んな調味料で味つけすると楽しいと思いますよ、ではボクは今からこっそりビール飲みます。