Conodata
グッときたアイテムをお知らせするBlog
2017
18
March.
家にあると便利な工具を7つ厳選してみた
今日のアイテム

常備すべきおすすめ工具7選

    ツールハウス・キッチン

何かをしようと思ったときに道具を…と家の中を探しても使えるものがない…っていう場面はかなり困りますよね。別にDIYとまでいかなくても、せめてコレくらいは揃えておくとイザという時に役に立つオススメ工具を、DIYの鬼…違う小鬼…いや、別になんでもないド素人の僕が自信をもってご紹介。

一家にワンセット!工具を揃えておこう

特に引っ越しや新生活では工具が大活躍

転居や一人暮らしなど新生活が始まるとき、例えばテレビ台や棚に付属してる工具が使いにくかったり初めて入ったトイレの換気扇のカバーがいきなり落ちてくることはないだろうか?僕はあった。

換気扇のカバーは普通にハメ込むだけだったが、テレビ台や棚は使いやすい工具があると圧倒的に組み立ても早い。
やはりまずササッと棚なんかを組み立てて「モノの置き場所」が決まらないとなかなか新生活もスタートしにくいので工具は必須、ぜひ基本的な工具を常備しておきましょう。

最近はセット売りの工具もかなり安く質もいいので、とりあえず買っておくのも明快な選択肢だとは思います。

ただやはり1つ1つを使い続けると少しづつ「ホームセンターで見たヤツの方が使いやすいのかな…」と、結局買い足したりするケースも少なくありません。

なので、できれば最小限にしぼってなるべく使い勝手と応用の効くツール選びができたらいいなと思います。

「工具本来ではない使い方が重要」の法則

今回の記事タイトルの「あると便利な工具」とは「大工道具」というよりも「多用途な使い方ができるツール」という意味あいが強いです。

実際に我が家の工具もDIYなど「何かを作る」ことより、工具本来の目的とは異なる使い方で「買ってて良かったわぁ」と思うことがほとんど。

それが今回、僕のおすすめする工具。
百均などでも揃うような物ばかりだが、汎用性の高い工具こそ使い勝手を最重視した方が良いと思うのでぜひ今回の記事を参考にしてみて下さい。

1つ目:プラスドライバー

いきなり法則無視してますね、コレはただプラスネジを回すためのもので早くも塩展開。

だが塩展開になろうとも、やはりプラスドライバーはまさに必須
みんなもうすうす気づいてるとは思うけど、世の中のほとんどがプラスネジで固定されているという驚きの事実。

なのでコレさえあれば組み立ておよび分解は、ほぼ解決。



グリップがゴムの電工用に使われるタイプが回しやすくてオススメ。
僕のような、常にしっとり潤いを帯びた手でもグッと力を込めて回すことができる。
あと先が磁石になってるのが初心者向きだと思います。ネジを先にはめて片方の手で押さえながら回せるので、ネジがコロコロ落ちてしまいには足りなくなる…なんてことも激減します。

サイズは長さ18cmくらいの写真の#2(左)とか15~6cmくらいの#1(右)あたりが良いと思う。
そんなにデカいネジ穴にも出会わないと思うので、どっちかというと#1の方がおすすめかな。

2つ目:マイナスドライバー

ここからはちゃんと法則、そして真骨頂

みんなもうすうす気づいてると思うけど、世の中マイナスネジで止められているモノはかなり少ないです、なのになぜこのマイナスドライバーを薦めるのかというと…

「棚の裏側に免許証が落ちたけど指が入らん…」とか
「この缶のふた開かねえ」などといったシチュエーション。

そんな時こそ、このマイナスドライバーを棚の裏に突っ込んで「グイッ」と隙間を拡げたり、缶のふたをパカンと開けたりするのです。
たしかに状況はかなりバカバカしいケースに思うかも知れませんが「細いところに差し込んでクイっとしたい」というのは、人生に立ちふさがる困ったシーンランキングで常に上位を争っているんですよ。これほんと。

なので我が家ではこの「タガネドライバー」というタガネを兼ねたドライバーを置いてある。

ちなみにタガネとはこういうの。

さすがに、日常生活でタガネを使う場面はあまり無いと思う。
でも昔、鍵が壊れた金属のロッカーに普通のマイナスドライバーを差し込んで強引にこじ開けようとしたら曲がった事があったので、僕は頑丈なこれにしてます。

…と言ってもあれから何年も経ってるけど、モチロンその後いまだに鍵が壊れたロッカーに出会ったことはないです。

3つ目:ペンチ

何かを留めてるボルトやナットが回らない時など、本来ならソケットレンチがあればいいのだろうけど、ソケットレンチのセットなんかを揃えてしまうと買った金額の割に使う場面は無いし、場合によっては永遠に使うことのないサイズのソケットまで買う羽目になる。そんな時こそペンチペンチ。
もちろんペンチなんかじゃ回らないボルトもあるけど、その場合に必要な工具類は今は紹介すべきでないと思います。

あ、ちなみにソケットレンチはこういう感じのヤツ。

僕は必要なサイズだけその時に買うけど、これがまた割高で経済的にはオススメできません。

話を戻してこのペンチって何かと便利です。
めくれかけた靴底をひっぺがす時や、熱くなったコンロの五徳をつまむとき、あるいは小さいUSBのBluetooth受信機がつまめなくて抜けないときなど、これまた心底どうでもいい場面で大活躍。まさに多用途の極み!乙女!フリン!アカン!

さきほどのマイナスドライバーが「差し込んでクイっとやる」汎用性の道具なのに対し、こちらは「つまんで引っ張る・回す・持つ・押さえる」といった感じでしょうか?



力を入れるために少し大きめ(長さが200mmとか)で先が細いラジオペンチがオススメかな。これなら棚の裏側に落ちた免許証もつまめるかもしれない。

4つ目:ノコギリ

おそらく本格的なDIYでも始めない限り必要ないけど、推薦せざるを得ないのがコレ。
せいぜい買ってきたツッパリ棒が長すぎた…など人生で2度くらいしか訪れないような場面でないと出番は無いんだけど…しかしそこでノコギリが無いとそれはそれで代用が効かずもはや絶望的なのも確か。

ではどうすればいいか?

よく使うツールのアタッチメントにノコギリ状のモノがあればいい」というのが僕の答え。

なので僕はこれがおすすめ。

このギザギザ、波型ナイフとかウェービーブレードとかほぼ同じ意味で色んな呼び方をされてるようだけど、ノコギリじゃないです。念のため。
でも実はこのギザギザもすごく便利でけっこうよく使う。
段ボールや発泡スチロールなどをザクザク切るのに向いており、アマゾンの箱を整理したり家電などを梱包している固いPPバンドを切ったり、あとは普通のカッターでは切りにくいこういった結束バンド

なんかも切断できるのでカッターよりも出番が多い。

コンパクトに折りたためるのも便利。
ノコギリと違って使いどころが多く、少しくらいなら木も切れちゃう。

もちろんノコギリの替え刃もあり、そちらも用意しておけば人生で2度ほどのチャンスを鼻歌でモノにすることだって可能。

このノコギリの替刃、実際は木工にも使える優秀なノコギリなので、できれば人生に2度と言わずDIYなどにも積極的に活用してあげてほしい。ノコギリはこの「ダボ切細工用」というのが切り口が細く僕は使いやすかった。

ご存知だと思うが、残念ながらこれは棚の裏側に落ちた(以下略

5つ目:スケール(メジャー)

家具や調度を入れ替えるたびに「あって良かった」と思うアイテム。

僕はこのコメロンのスケールを愛用している。
目盛り部分を繰り出したらその場でピタっと止まり、ボタンを押すとシュルシュルっと戻る「セルフロック」が使いやすいと思う。

スケールの長さはたいてい2m/3.5m/5.5m/7.5m~とあり、大は小を兼ねると言いたいところだけど、部屋の間口などの高さがだいたい2mということを考えると一般的にはそれ以上のモノは別に要らないんじゃないかと思う。
それよりも気軽に家具売り場へ持っていけることの方が重要、なので2mかせいぜい3.5mで充分じゃないだろうか。

あと、このテープメジャーもおすすめ。

スケールはシュッと延ばして片手でサッと測れるのがすごく使い易いけど、短所としてよくあるのが両手を広げるより長い場所を測る際に「だ、誰かそっち持って」となることが多い。

そういう場合はテープメジャーがオススメ。
テープメジャーを尺取り虫のように這わせることで、長い場所も1人でできるし筒状のモノの外周を測るのも簡単。さらに家具購入に特化するとお店の家具を傷つける心配もないので、目的によってはこっちもおすすめ。

ちなみに僕は最初のゼロ目盛りに余裕があるタイプを愛用。
これだと端を軽く握ったまま机の端などにゼロ目盛りを当てやすく、使い勝手の良さが気に入ってる。

6つ目:六角レンチ

わりと出会う頻度は少なそうだが、けっこう容赦なく幅を利かせており「なんだよ六角穴かよ…」とガッカリすることは多いです。

うちのZライトはまさにコレだし、以前使っていたパソコンラックやダイニングテーブルも六角穴だったのでハサミなどと一緒にペン立てに立てていたほど。

この先っちょの丸いタイプがおすすめ。

丸いほうが六角形にハマりやすくなおかつ回し易い。

7つ目:カナヅチ

おそらくコレで釘を打つことなどほぼないです、現に僕もここ10年以上、釘を叩いたことなどない。

ただ「歪んだカギなどの金属を曲げ直し」たり、特に多いのが「単純に壊す」といった時に必要な「ただ叩く道具」の代わりになるものって案外ほとんどなかったりします。

なのでこういう少し小さいコンパクトなタイプ

を置いておけば、いざという時に助かると思います。

次点:工具箱

工具か?工具じゃないな。でも、コレもオススメ工具の仲間に入れたい。

今回ご紹介した量なら、どこかに持ち運ばない限りコレがベストかなと思う。
こういう感じのボックスに突っ込んでおいた方が取り出しやすいし、そこそこ目立つ場所にも置けるんじゃないだろうか。

ちなみに僕のはコレ工具箱じゃありません、
「パーツトレー」という、細かい部品なんかを入れておくボックスのようなもので、この容器を何個もスタック(積み重ねる)できるのが特徴です。
サイズは横幅:約150mm × 高さ:約120mm × 奥行き:約240mm くらい。

何よりたいそうな工具箱を買うより安い(たいてい1,000円未満)のもいいですね。

あとは生活に応じて増やしていこう

実はまだ接着剤とかバールそれに切り出しナイフなど、他に何点か汎用性が高くオススメしたい工具類はあるんだけど、基本はこれくらいで充分じゃないかと。
今回の厳選にもれたアイテムもいつかまとめてご紹介できればいいなと思います。

もちろんノコギリやレンチなど、それぞれの目的が明確になるほど特化したモノの方が使いやすいというのも間違いありません。
ですが、かといってその都度工具を買ってたらいくらお金があっても…という話なので、職人さんでもない限り今回ご紹介したような汎用性の高い工具を幾つか常備しておくのがベストかなって思います。

ちょっとイレギュラーだけど1人暮らしの場合などはこういう選択肢もアリ?

今回の「家にあると便利な工具」…という趣旨とは少しズレるような気がしますが、こういう工具に特化したマルチツールをペンスタンドなどに置いておく…というのも1つの選択肢なのかもしれません。

コチラは「レザーマン」というブランドのペンチをベースに、ドライバーやのこぎりなんかがついたタイプの「マルチツール」というやつです。

ペンスタンドに立つ工具箱「レザーマンサイドキック」

個人的にはツールの数こそ減るものの「ビクトリノックス」のこのタイプをおすすめしたいですね。

マイナスとプラス両方ともにドライバーが使い易く、実際に使用してて「サッと繰り出せる」「回しやすい」「握りやすい」といったシンプルなユーザビリティの高さは構造的にビクトリノックスの方が高く感じています。

そんなビクトリノックスでもおすすめのモデルは以下。

オールマイティなビクトリノックス「PLIトラベラーPD」

ただ、こういったマルチツールには以下のような問題点もあります。

  1. 1つ1つの工具はあくまで「携帯性重視」
  2. 本体がコンパクトかつ精巧な造りでアイテムとしては非常に「高価」
  3. 修理できない致命的な故障や紛失などが起こるとすべてを買いなおすことにもなる

といった「省スペース」「携帯性」を得る半面「コスパ」「多機能性」「自由度」を失います。そして実際に工具としての使用感でも特にドライバーなどは通常のものに比べるとかなり回しづらいタイプに思います。
とは言え、独り暮らしでそんなに工具を買い揃える必要の無い方にはこういうのもいいのかな?とも思います、このツールの記事も書いてますので興味のある方は、一度ご覧になって検討して頂けることもおすすめします。